金貨の投資、日本では?

世界には20万種類の金貨があるといわれていますが、実は、日本でも金貨の発行は行われています。ただし通貨としてではなく、収集型の金貨です。専門業者が取り扱っており、稀少価値によって取引価格が変わります。これは金の純度と発行枚数によって違ってきます。通常は額面価格を大きく超える固定価格が設定され、その金額が取引のベースになっていることが普通です。熱心な収集家向けへの売却も想定されています。額面はいくらと設定されていますが、それはあってないようなもの。イメージとしては発行枚数が少ない記念切手だと思えば分かりやすいです。

日本では1200年以上前に発行されたのが最初ですが、当時は日本の金の産地が東北などに偏っていたため、貨幣としての流通はほとんどな、戦国時代になると山梨県で甲州金が発行され、江戸時代になると小判などの金貨が流通するようになりました。日本でも金貨が発行されていますが、現在では、金貨をそのまま使うことはまずないといってよく、収集、投資目的での保有がほとんどです。

日本で流通している金貨は、10万円、5万円、1万円の3種類があります。例えば、昭和天皇陛下御即位記念金貨は日本で初めて発行された記念金貨であり、もう一つは今上天皇御即位記念金貨です。いずれも素材は純金であり、硬貨としての価値は同じでも取引価格は違います。